パールクチュールで白くなるのは嘘なのか?

パールクチュールで白くなるのは嘘なのか?
Pocket

芸能人のインスタ投稿多数で人気がうなぎのぼりのパールクチュールですが、発売してから話題沸騰中ですごく気になります。

実際に使ってみたという口コミを見てみますと、「自信を持って人と会えるようになった!」ですとか、「歯磨き粉をパールクチュールに変えたら歯が白くなった!」とパールクチュールの効果を実感している方は多数いるようですが、一方で、パールクチュールで歯が白くなるのは嘘ではないかとの噂もあります。

そこで、実際に使ってみたという口コミや、効果などについて調べてみました。

パールクチュールのホワイトニング効果が実感できた人の口コミ

良い口コミとしては、「ホワイトニング効果は高いと思います。一回でアレ?いつもと違うと思うくらいには明るくなったと思います。研磨剤が入ってないホワイトニング歯磨きで嬉しいです。せっかく白くなっても歯がもろくなっては本末転倒、歯に優しいのが嬉しいです。」

といった意見や、

「泡立ちが少ないですが、ピリピリすることもなく、磨いた後、歯がツルツルして爽快感があります。いつもの歯磨き粉をパールクチュールに変えるだけで汚れを吸収し、歯を傷つけないホワイトニング効果が期待できます。ポンプ式で適量を出す柔らかめのジェルです。高級感のあるボトルで一見歯磨き粉に見えません。エアレス容器で外から菌が入らないようになっていて衛生的です。泡立たないので歯を見ながら磨けて良かったです。」

といった意見、

「磨き上がりはスッキリ、歯がツルツルになりました。使い始めて1週間ほどですが、歯の白さがアップした感じがします。1本使い切ったらどれくらい変わるのか、とても楽しみです。」

といった意見があります。

他には、

「使い方は普通の歯磨き粉と一緒なので、特に抵抗なしです。私は1回目で歯のトーンアップを感じました。」

といった意見もあります。

パールクチュールに効果がある理由は?

一方、悪い口コミには、効果が感じられなかったという意見が多く見られますが、パールクチュールを使っても、劇的に白くなるわけではないということは抑えておく必要があります。

例えば、歯医者でホワイトニングをしてもらうのと同じだけの効果をパールクチュールに求めると、おそらくがっかりすることでしょう。

その程度の感覚に留めておく必要はあるのかも知れませんね。

歯医者で得られるホワイトニング効果には、歯科医に使用が許可されている漂白成分のある薬剤が使われています。その薬剤を用いて、歯を漂白し、歯についた色素を落としているのです。

そのため、歯医者で行うホワイトニングについては、歯の色素を取り除くため、歯の本来の色以上に白くなるのです。

一方で、パールクチュールの場合は、色素を抜くのではなく、歯の本来の白さを得ることができる成分が配合されています。

歯の本来の白さは、色素を抜いたような真っ白な色ではないということが重要です。

また、パールクチュールは研磨剤が不使用なので、ホワイトニングの効果を期待する商品の中では、圧倒的に歯に優しい商品であるということが言えます。

 

歯が黄ばんでしまう原因は研磨剤にあった!

ご存知の方も多いかも知れませんが、歯の黄ばみの原因はステイン汚れです。

食べ物や飲み物に含まれているポリフェノールやタンニンは、このステイン汚れの正体です。

そして、この黄ばみの原因の代表格として挙げられるのが、赤ワイン・コーヒー・紅茶・カレーなどです。

それでは、意図的に着色しづらい食品を食べれば良いのか?というと、実はそれよりももっと重要なことがあります。

日本人の半数以上の方が、間違ったオーラルケアをしているために、歯磨きをしても歯が黄ばんでしまうといっても過言ではありません。

それが、歯磨き粉に含まれる研磨剤です。

市販の歯磨き粉の多くには、研磨剤が含まれています。

この研磨剤は歯を白く見せたり汚れを取るために使われていますが、研磨剤は結果として歯の表面を傷つけてしまい、傷ついた歯の表面は汚れや菌が吸着しやすくなります。

その結果、黄ばみや口臭の原因になるなんていうこともあります。

研磨剤を含まず、歯の本来の白さを取り戻させる成分の配合されたパールクチュールは、本当に効果のあるホワイトニング剤であると言うことができると思います。

パールクチュールの購入はこちら