ちゅらトゥースホワイトニングで白くならない人と白くなった人の違いとは

ちゅらトゥースホワイトニングで白くならない人と白くなった人の違いとは
Pocket

人は第一印象が大事だといわれています。

特に歯が汚いとそいい印象を持たれないですよね。

そこで、少しでも少し歯を白くしたいはずです。

ちゅらトゥースホワイトニングなんかは歯のホワイトニングに効果がありますが知恵袋などを見ているとちゅらトゥースホワイトニングを使ったけれど「白くならない」といった書き込みがありました。

そこでどういった人が白くならないのかについて調べてみました。

 

ちゅらトゥースホワイトニングで歯が白くならない人とは

ちゅらトゥースホワイトニングを使っても白くならない人がいるのがわかりましたがどんな人なのかをまとめました。

銀歯による着色

銀歯をしている人はそれが唾液で溶け出すことで歯が着色してしまうことがあります。

こういった着色はちゅらトゥースホワイトニングでも白くならない場合があります。

 

生まれつき歯が黄色い人

歯が生まれつき黄色い人はエナメル質がうすいため内側にある象牙質の黄色さが表面に見えています。

ちゅらトゥースホワイトニングはエナメル質の外側にこびりついた着色汚れを落として白くなる為白くならないのです。

 

虫歯で歯が黒い人

虫歯の歯の黒さはちゅらトゥースホワイトニングで白くすることはできません。

これは歯医者に行って早めに治療しましょう。

 

使った期間が短い人

ちゅらトゥースホワイトニングは継続して使用することで歯が白くなります。

短期間で白くなるものではありません。

最低でも2か月以上の使用をオススメしていますので継続して使用しましょう。

毎日する歯磨きですので苦になることはないと思いまう。

継続するのは簡単ですね!!

 

ちゅらトゥースホワイトニングで白くなる人とは

これは、歯の表面に着色汚れがある人です。

タバコやコーヒー、食事などによってついた汚れですね。

これはちゅらトゥースホワイトニングを継続して使い続けることによって汚れを浮かして分解するので白くなっていきます。

例として白い服を着ていたがジュースをこぼして汚してしまった。

でも洗濯をすればまた元通り白くなります。

これがちゅらトゥースホワイトニングだと思ってください。

 

ワイン、チョコレート、ソース、コーヒー、カレー、カボチャ、香辛料の多い食べ物、フルーツ、紅茶。緑茶、コーラなどを日常的に摂取している人は歯が汚れている人が多いのでちゅらトゥースホワイトニングで白くなります。

後はちゅらトゥースホワイトニングを使う上で継続する事が大事です。

よく、「白くならなかったのでやめました!」といっている人もいました。

ちゅらトゥースホワイトニングは一週間使ったからといって白くはなりません。

2か月、3ヶ月と継続して使用することが大事で、継続することによって白くなっていくものです。

すぐに使用をやめずに続けましょう。

 

ちゅらトゥースホワイトニングで第一印象を改善

白い歯は第一印象として清潔な人に見えます。

また、笑顔も増えますし、笑った時の顔も明るく見えます。

人間笑顔が大事ですよね。

黄ばんだ歯ですと本当に第一印象は最悪です。

不潔に見えますし、笑顔も減って暗いイメージを与えてしまいます。

ちゅらトゥースホワイトニングは早く始める程早くホワイトニングができ白い歯になります。

迷っているならすぐにでも注文しちゃいましょう!

ちゅらトゥースホワイトニングの公式サイトはこちら