ホワイトニング歯磨き自宅奮闘記
自宅で歯を白くしたい人に向けたブログです
ホワイトニングの悩みに関する記事

自宅で差し歯をホワイトニングすることは可能か?

差し歯を入れたものの他の歯の色と違って気になる・・・。

って方は多いかもしれません。

実際、ホワイトニング製品などを使って白くなるのか?

について調べてみました。

差し歯はホワイトニングできるのか

まず、インプラントや差し歯は、セラミックやプラスチックなどの人工の材質で作られていています。

ですので、ホワイトニング製品を使用しても効果は得られません。

前歯などの差し歯が他の歯と違って色が気になる・・・。

って方は費用は高くなりますが、差し歯の付け替えをお勧めします。

さらに、差し歯の付け替えと同時にホワイトニング製品で歯をホワイトニングしましょう。

そうすることですべての歯がきれいなホワイトになります。

また、差し歯を付け替えるほかにウォーキングブリーチという方法もあります。

こちらはデメリットとしてガスが発生しやすくヒビが入りやすくなるといったデメリットがあります。

しかし、高い効果が得られるので検討してみるのもいいと思います。

やり方としては

歯の裏に穴をあけます。

そして、そこにホワイトニング剤を注入し、歯を内部から白くするといった方法です。

こちらは保険適用外になりますので費用はかかりつけの歯医者に確認しましょう。

また、1回やって終わりではなく数回を1週間ごとに薬剤を交換し、繰り返していきます。

結論として差し歯を白くすることは可能

ホワイトニング製品を使って白くすることは無理ですが、上記で紹介した方法によって差し歯を白くすることは可能です。

時間とお金がかかりますが、歯をきれいにするためなら仕方ないです。

周りの歯がきれいな白色なのに対して差し歯だけが黄色ががかった色ですと、とても目立ってしまい、この人の歯・・なんか汚いな・・

みたいなマイナスな印象を与えてしまいます。

差し歯をきれいにしたら他の歯もホワイトニングしよう

差し歯をホワイトニングし、白くしたならば他の歯も真っ白なきれいな歯にしましょう。

自宅でできますので実際に私が使って効果があったホワイトニング製品を紹介します。

どの製品にも共通していますが継続して使用することが大事です。

毎日続ければ白くなっていきますので続けましょう。

実際に、私も使用しましたが3か月目で見た目にもはっきりと白くなったと感じられるようになりました。

いい口コミを見てもみなさんそんな感じでしたので本当に継続する事が大事です!!

また、ホワイトニング製品を選ぶ時のポイントとしては研磨剤が入っていない製品を選びましょう。

歯を削って白くすることはデメリットしかありません。

私がお勧めする自宅でできるホワイトニング製品