ホワイトニング歯磨き自宅奮闘記
自宅で歯を白くしたい人に向けたブログです
ちゅらトゥースホワイトニング

ちゅらトゥースホワイトニングを使う上で正しい綿棒の使い方ややり方を紹介!

Pocket

継続して使用することで歯の黄ばみを浮かせて剥がすホワイトニング製品であるちゅらトゥースホワイトニング。

ホワイトニング歯磨き粉の中でも今大人気の製品です。

そんなちゅらトゥースホワイトニングを使う上で綿棒を使ったやり方があります。

この綿棒をつかった使い方で効果を何倍にもしてくれるとネットで話題になっていますが

結論をいうとあまりお勧めしません。

今回はちゅらトゥースホワイトニングを使う上で綿棒を使ったやり方のメリットとデメリットを書いていきたいと思います。

ちゅらトゥースホワイトニングで綿棒を使ったやり方とはどんな方法?

ホワイトニング効果が高まる!

といわれているこの方法。

綿棒を使うとはどういった方法なのかを解説したいと思います。

ちゅらトゥースホワイトニングを使うときに歯ブラシで磨くのが一般的ですが、歯ブラシを使うのではなく綿棒を使います。

簡単にいえば、綿棒にちゅらトゥースホワイトニングをつけて歯を磨くという感じですね。

これだけでホワイトニング効果が高まるならとっても簡単ですよね!!

しかし、私はこの方法ではあまり効果は高まるとは思わないのです。

それは後で説明します。

まずは、綿棒を使った使い方のメリットとデメリットを紹介します。

 

ちゅらトゥースホワイトニングで綿棒を使うメリット

歯の表面を傷つけずに着色汚れを落とす上で綿棒は歯を傷つけない為これがメリットです。

といいたいですが、これは実はメリットではないのですよ。

後で説明します。

 

ちゅらトゥースホワイトニングで綿棒を使わないほうがいい理由

ちゅらトゥースホワイトニングは汚れを浮かせて落とします。

ですので、隙間がある歯ブラシよりも綿棒を使って歯全体をゴシゴシとこすって汚れを落としたほうがいいのでは??

という言い分からか綿棒を使ったほうがいいのでは??

というやり方がネット上で広まりました。

しかし、これは間違いですです。

ちゅらトゥースホワイトニングには研磨剤が入っていません。

研磨剤とは歯の表面を削って汚れを落とす成分です。

そういった成分が入っている場合はゴシゴシと雑巾みたいに磨いたほうがいいですが、入っていませんのでゴシゴシと磨く必要はないのです。

ちゅらトゥースホワイトニングは歯全体に浸透させることが大事です。

歯全体と歯の隙間にいきわたらせるのが重要です。

綿棒だと表面をなぞるだけになってしまいます。

そうなると、細かいところにちゅらトゥースホワイトニングを塗ることができません。

ですので効果が半減してしまいますよね。

それに、綿棒は水分を吸収してしまいます。

適量を塗ったつもりが吸収してしまってもったいない使い方になってしまいます。

ですので、綿棒で磨くのはお勧めしません。

綿棒で磨くなら歯ブラシで磨いたほうが絶対にいいです。

 

ちゅらトゥースホワイトニングは何で磨くのが一番いいのか

綿棒がだめなら歯ブラシをお勧めしますが、もっといいものがあります。

それは、ワンタクトブラシというもので公式サイトでちゅらトゥースホワイトニングを購入することでついてくるものです。

これです!!

ワンタクトブラシは歯の専門家がちゅらトゥースホワイトニングを使う上で一番効果がでる歯ブラシは何か?

といったことをしっかりと研究して作ったものですので効果はとても期待できます。

柔らかい毛先ですので歯茎が弱い方でも安心してお使いいただけるようになっています。

このワンタクトブラシは歯の隙間にもきちんと入り込むことができますので磨き残しや塗り残しがなくなります。

歯全体を磨くことができますので黄ばみ個所をしっかりとピンポイントで磨けるんです。

ちゅらトゥースホワイトニングを公式サイトで購入すればこのワンタクトブラシも付いてきますし、現在ネット上で最安値で購入できるのが公式サイトとなっていますのでぜひこの機会に公式サイトで注文、購入してみてはいかがでしょうか。

ちゅらトゥースホワイトニングの公式サイトはこちら