ホワイトニング歯磨き自宅奮闘記
自宅で歯を白くしたい人に向けたブログです
ホワイトニングの悩みに関する記事

ホワイトニングは痛いのか?自宅で綺麗な歯に

歯の黄ばみや汚れが気になってホワイトニングを考えたとき、まず思い浮かぶのが歯医者さんでホワイトニングの施術を受ける方法だと思います。

これをオフィスホワイトニングといいますが、ちょっと調べてみるだけで、オフィスホワイトニングは痛いという声が多く見られます。

以下を参考に、オフィスホワイトニングを受けるか、自分でホワイトニング用品を使用するかをご検討ください。

オフィスホワイトニングが痛い理由

オフィスホワイトニングの施術では、薬剤を塗布したり、ライトを照射するなどの施術を行いますが、この際に使用する薬剤が痛みの原因となるケースが多いようです。

この薬剤の正体は漂白剤であり、過酸化水素を主成分とする薬剤が30%~40%ほど使用されています。

私たちは普段の生活でも、傷や消毒液や衣類の漂白剤として過酸化水素水を用いていますが、これらに含まれている同成分の濃度は3~5%ほどであることを考えれば、オフィスホワイトニングではどれだけ強力な薬剤を使用しているのかおわかりいただけると思います。

強力な薬剤が人体にいいはずありませんし、塗布する際に歯茎に付着したことで炎症を引き起こし、かなりの痛みに悩まされたという経験談もネット上にいくつも掲載されています。

では、歯茎に薬剤が付着しなければ大丈夫なのかといえば、決してそうではありません。

ライトで照射しながら、歯に塗布した薬剤を内部へ浸透させていくため、神経に薬剤が触れてしまうのが避けられないことから、結局は痛みを生じてしまいます。

薬剤と神経の触れ具合によってはかなり激しい痛みとなるケースもあるので、オフィスホワイトニングを受けるには相応の覚悟が要求されます。

オフィスホワイトニングで痛みを感じやすい人の特徴

オフィスホワイトニングについて調べてみれば、“とても痛かった!”という声が見られる一方、“まったく痛くなかった”と意見している人もいますが、この理由は痛みを感じやすい人とそうでない人に分かれているためです。

上で薬剤が歯の内側に浸透して神経と触れることが原因で痛みが生じると紹介しましたが、なぜ神経にまで薬剤が到達するのかといえば、それは歯に細かいヒビがあるためです。

つまり、歯のひび割れの具合がひどければひどいほど痛みを強く感じる傾向にあります。

例えば、虫歯となっていればそれそのものがひび割れと同じですし、治療後であっても、その周辺に生じた細かなひびはどうしても大きくなっているため、痛みが生じやすいとされています。

また、歯ぎしりをする人もひび割れがひどいことが多いため、ホワイトニングの施術に用いる薬剤が内部へと浸透して神経と触れやすい状況となりがちです。

また、歯にひび割れが目立たなくても、知覚過敏の人であれば痛みを感じやすいとされていますので、心当たりのある方は注意するといいでしょう。

自宅でできるホワイトニングも効果あり

歯磨きは毎日するものですので継続する事は苦ではないはずです。

だって、毎日必ずする行動の一つですからね。

現在、パールクチュールは公式サイトで定期コースで購入すると9980円のところが3980円で購入できます。

公式サイトを見てみて購入を検討してみてはいかがでしょうか。

自宅でできるホワイトニング歯磨き粉はこちら