ホワイトニング歯磨き自宅奮闘記
自宅で歯を白くしたい人に向けたブログです
ホワイトニング比較

ホワイトニング歯磨き粉の自宅でできるおすすめランキング比較

自宅で手軽にホワイトニングができるとして、ホワイトニング歯磨き粉が人気を集めており、次から次へと新しい商品がリリースされていますので、いざ歯磨き粉選びを始めようと思っても、どれを選べばいいのか判断に困ることでしょう。

そのようなときにまず判断材料とすべきなのは、そのホワイトニング歯磨き粉がどのような仕組みで歯を白くしていくのかであり、次に安全な製品であるかどうか、といえます。

肝心のホワイトニング効果については、それらの次に考えていくといいでしょう。

ホワイトニングのできる歯磨き粉を探しているのだから、歯が白くなるかどうかを最優先するのでは・・”と考えている方も多いでしょうが、以下になぜこのような順序でホワイトニング歯磨き粉を選ぶべきなのかについて説明していきたいと思います。

 

まずは歯を白くするメカニズムを知ることから

そのホワイトニング歯磨き粉がどのようなメカニズムで歯を白くするのか知らずに、ホワイトニング歯磨き粉を選ぶのはとてもリスクのある行為です。

例えば、その歯磨き粉の中に研磨剤が含まれており、歯の表面をガリガリ削って歯の内側を露とすることでホワイトニングができるとしていた場合、あなたはその歯磨き粉を購入するでしょうか。

きっと、そういった危険に思えるものは避ける人が多数だと思います。

しかし、ホワイトニング歯磨き粉にはこういったメカニズムで歯を白くするものが少なくないのが実際のところです。

機会があれば、市販されているホワイトニング歯磨き粉をドラッグストアなどで確認してほしいのですが、成分を見れば、無水ケイ酸、シリカ、炭酸カルシウム、ハイドロキシアパタイトなどが含まれていることがほとんどであり、これらこそ他ならぬ研磨剤なのです。

これらの成分は文字通り、歯の表面を削ってしまいます。

この結果、見た目には白い歯を手に入れられるわけですが、当然、歯の健康にいいはずがありません。

削ってしまった歯の表面は再生されませんので、よりダメージを受けやすくなります。

しかも、エナメル質が失われると、着色汚れが余計に付着しやすくなるため、以前よりも黄ばんで見えるようになってしまうことともなりかねません。

仮に、神経が露出してしまえば、知覚過敏となってしまう可能性も出てきますので、研磨剤の含まれたホワイトニング歯磨き粉はできるだけ避けるべき存在といえます。

安全なものであるかどうかチェック

上でご紹介したよう、研磨剤を避けるようにしてホワイトニング歯磨き粉を選ぶ場合、候補として残るホワイトニング歯磨き粉が歯を白くするメカニズムとは、“歯に付着した汚れを落として、歯の本来の白さを引き出す”といったようなものとなります。

これに絡み、即効性あるものではなく、一定期間の継続使用が必須であるとの表記も目にするでしょうから、思わず不安を覚えてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、このメカニズムこそ本当のホワイトニング歯磨き粉であると思っても差し支えありません。

むしろ、このメカニズムをアピールしているホワイトニング歯磨き粉ほど安全なものだといえるのです。

基本的にどのようなジャンルの商品でもそうなのですが、私たちの体の一部に関係するもので即効性をアピールしている場合、ほぼ身体にかけられる負荷が大きなものばかりです。

薬の場合、こういった負荷による弊害を副作用と呼びますが、身体の一部に用いるホワイトニング歯磨き粉であっても例外ではありません。

口腔内という粘膜で構成された箇所に使用するのですから、副作用的な弊害にはそれぞれが敏感になっておくべきです。

しかし、成分一つひとつについて細かく調べていくわけにもいきませんので、安全性のチェックは上記のように即効性をうたっているかどうかでフィルターにかけるといいでしょう。

最後に本当に期待できるホワイトニング効果をリサーチ

ホワイトニング歯磨き粉を製造しているメーカーは、どこであっても“歯が白くなります!”とアピールしていますので、参考材料となるのはそれらの歯磨き粉を実際に使用したユーザーによる口コミやレビューに他なりません。

思ったままの内容を誰もが情報発信できる今日だからこそ、ホワイトニング歯磨き粉についてのリアルな評価を口コミやレビューを漁ることで知ることができます。

それらもすべて投稿者の主観によるものなので、評価もかなり分かれているように見えるかもしれませんが、少なくとも使用感についての全体像は見えてくると思いますので、アマゾンや@コスメに投稿された口コミやレビューを見るだけでも、かなり参考となります。

これらを調べる場合、いい内容のものより、悪い内容のものを参考とすれば、より情報収集の精度が高まるだろうと期待できます。

その理由は、悪い口コミやレビューの投稿ほど感情的にされるものであり、評価対象となった商品の本当の姿が見えてきやすいためです。

お勧めのホワイトニング歯磨き粉として、最後に残る3つの候補

これまでご説明してきたホワイトニング歯磨き粉の選び方で各商品をふるいにかけてみれば、3つの候補に絞られてくると思います。

その3つとは、プレミアムブラントゥース、ちゅらトゥースホワイトニング、パールクチュールです。

これらのホワイトニング歯磨き粉は、日頃から自宅でケアしている人であれば、誰もが購入候補としているのではと思うほど、ホワイトニング歯磨き粉として定番となりつつある商品です。

おすすめ①プレミアムブラントゥース

ココナッツオイルやパパイン、茶カテキン、ウーロン茶エキスなどが配合されていて、ホワイトニングだけでなく歯の汚れ、虫歯予防にもなるセルフホワイトニング商品です。

含まれている成分は見てわかるように自然由来のものにこだわっているため、誰でも安心・安全に使用できる商品です。

もちろん研磨剤も含まれていません。

2か月から3か月ほどの使用が目安とされており、もしも効果を感じられなかったときには返金保証もありますので、多くの人にとってホワイトニング歯磨き粉のファーストチョイスとなるでしょう。

プレミアムブラントゥースの公式ショップはこちら

おすすめ②ちゅらトゥースホワイトニング

続いて、ちゅらトゥースホワイトニングについてご紹介します。

ちゅらトゥースホワイトニングは汚れを浮かせて分解し、歯の表面のバリアを傷つけることなく着色汚れを落としますので、歯に優しくホワイトニングできる商品です。

歯の本来の白さを取り戻してくれる同商品は浮いた汚れが歯に再びつくのを予防してくれるだけでなく、健康な歯茎を作る成分や、口臭を予防してくれる成分も含まれています。

ちゅらトゥースホワイトニングの公式ショップはこちら

おすすめ③パールクチュール

パールクチュールは、ホワイトニング、歯茎ケア、口臭予防、虫歯予防を同時に叶えてくれる優れモノです。

成分はすべて国産の自然由来成分であり、研磨剤・合成甘味料・着色料は一切使用されていません。

使用感もかなり爽快なので、きっと多くの皆さまに気に入っていただけるのではないかと思います。

パールクチュールの公式ショップはこちら

結論としてこの3つ

自宅で手軽にホワイトニングをするなら、プレミアムブラントゥース、ちゅらトゥースホワイトニング、パールクチュールのどれを使用するか考えるところからは時埋めると、とてもスムーズにホワイトニング歯磨き粉選びを進めていけると思います。

より安全に、安心して経済的にホワイトニングに挑戦するなら、今回ご紹介した3つのいずれかを選ぶことをおススメいたします。