ホワイトニング歯磨き自宅奮闘記
自宅で歯を白くしたい人に向けたブログです
市販の歯磨き粉

クリアクリーンホワイトニングは研磨剤入りの市販の歯磨き粉!危険性は?

クリアクリーンといえば歯磨き粉の中でも老舗ブランド的存在であり、かなり知名度も浸透しています。

そのラインナップのひとつに、クリアクリーンホワイトニングという商品があります。

ネーミングからしてホワイトニングができそうに思えますが、成分表を見るだけで、どのようなメカニズムで歯を白くするのかが理解できます。

クリアクリーンホワイトニングには清掃剤が含まれています。

使用してみればすぐにわかりますが、ザラザラとした感触の正体がこの成分です。

実は、これが研磨剤としての役割を果たし、歯の表面を削ることで歯を白く見せかけるのがクリアクリーンホワイトニングの正体です。

歯を削れば健康な歯は一生失われてしまいますし、知覚過敏を引き起こす原因ともなります。

しかも、この顆粒成分は簡単に排出されず、歯のちょっとした隙間に入り込んだまま蓄積されていくため、何らかの健康リスクを生じさせる可能性も考えられます。

また、皮膚である頭皮に使用するシャンプーでもノンラウリルが推奨されているにも関わらず、粘膜である口内にしようする歯磨き粉に含まれているのはいかがなのでしょうか。

ラウリル硫酸ナトリウムは健康に害を及ぼすとして、アメリカでは歯磨き粉への使用が完全に禁止されている成分です。

このような危険な成分が、泡立ちを良くするためという理由で含まれているクリアクリーンホワイトニングは、ユーザーのことを考えた歯磨き粉とはいえません。

加えて、歯を強くするためとして配合されているフッ素は発がん性物質であることを考えても、同製品を使用するのは躊躇してしまいます。

これだけ危険な成分をふんだんに使用したクリアクリーンホワイトニングはきっと強力なホワイトニング効果があるのだろうと調べてみたところ、“まったく白くなったと実感できない”といった正反対の口コミばかりが目立つのが実際のところでした。

クリアクリーンホワイトニングよりもおススメな歯磨き粉

健康リスクのある化学物質で歯を削るようなホワイトニングではなく、天然成分で汚れを落としていき、歯が持っている本当の白さを引き出していくホワイトニングを実現できる歯磨き粉を使用してはいかがでしょうか。

その代表格ともいえるのが、プレミアブラントゥースです。

この歯磨き粉は、パパインという天然成分で着色汚れを除去するものであり、研磨剤は一切含まれていないので、歯の健康を保ちながら白くすることができます。

また、沖縄産の天然化石サンゴを原料として製造された成分によって歯を白くしてくれるパールクチュールという歯磨き粉も、安全かつ手軽にホワイトニングできる歯磨き粉です。

これらを使用していったほうが、クリアクリーンホワイトニングを使用するよりも健康な白い歯を手に入れられるでしょう。